2011年 03月 25日 ( 2 )

がんばれ日本!

3月26日

こういうふうにブログに投稿することで気をつけているのは 情報があまり不確かなことを書いたり、へんに不安をあおることを書かないようにということ。
でも、放射能汚染によるこれからの食物連鎖はとても大きな心配です。

もしかしたらその除去に役立つ植物のことを前に何かで聞いたことをを思い出し、ネットで探してみました。それらしいことが今ネットで話題になっているようです。そのことと合わせて今気になっている食物連鎖についても書いてみたいと思います。

現在報告されている放射能汚染は空中に放出された放射能性物質が野菜や水に付着した状態の汚染です。 いわゆる表面についたものでですから地面の中の根野菜は心配はありません。 でも、これからその汚染された植物を食べた牛や豚等のお肉が汚染されていきます。 そして土に吸収された放射性物質による汚染。放射性ヨウ素の放射能はすぐに消えていくと報告されていますね。
でも問題は半減期が30年と長い放射性セシウムです。汚染された土壌から心配な野菜たちが育つことになります。
福島の原発の周辺区域ばかりでなく近県にも類は及ぶでしょう。

でも以下の世界一受けたい授業で紹介されたヒマワリの話は希望の光です。

放射能除去に効果を発揮する「ヒマワリ」
世界一受けたい授業で紹介された概略

昆虫や動物の能力や性質を活かし最新技術に取り入れることで「人類の生活はもっと豊かになる」

筑波大学付属小学校:鷲見辰美

自然が生んだ驚異の発明

●放射能除去に効果を発揮する植物

それは「ヒマワリ」

土壌の放射性物質を根から吸収する能力がいくつかの植物にある事が分かった

なかでもヒマワリの吸収率が最も高い

危険性がなくなるまで30年以上かかる土壌の放射性物質をわずか20日で95%以上も除去



テレビで放映されたからといって100パーセント正しいとは言い切れませんが、
希望の光であることは確かですね。
私の聞いたのは菜の花だったと思って調べたところ、チェルノブイリのNPOのプロジェクトとして菜の花を植えてヒマワリと同じに放射性物質の除去をはかる運動がありました。
植物の持つ力、自然の力はすごいものがあるのですね。
もう少し調べることが必要ですが、少しでも興味をもたれた方調べてみてくださいね。 


菜の花プロジェクトの始まりのビデオ

[PR]
by thedozenroses | 2011-03-25 22:47 | 色々なこと

がんばれ日本!

3月25日

15歳の少年が自分自身が津波に耐えているときに親子を助けたという話がニュースになっています。無我夢中でしたこと思いますが、その勇気と雄々しさに胸が打たれます。

毎日新聞からです。

東日本大震災で被災したサッカーJ1仙台の育成組織に所属する藤沢恭史朗選手(15)=宮城県東松島市立矢本第二中学3年=が、11日の地震発生時に津波に流された親子を助けていたことが24日、分かった。藤沢選手は現在も避難所で生活しているという。

 同クラブによると、藤沢選手は東松島市の自宅付近で津波に遭遇。流されないように耐えていたところで流されてきた母子を発見し、右腕で子ども、左腕で母親をつかみ、近くにあった軽トラックの屋根に上ったという。その後、胸まで浸水してきたものの、子どもを肩車し、左腕で母親をかかえたままの体勢で耐え、徐々に水かさが減ったため、無事に2人を避難所へ送り届けて自らも避難した。

 藤沢選手は身長約180センチのDFでジュニアユースに所属。昨年12月の高円宮杯全日本ユース選手権(U15)にも出場しており、春からはユースに昇格することが決まっている。【中村有花】



一方原発の3号機で被曝の事故が起きてしまいました。
高濃度の放射能に汚染された水が15センチたまったところで3人のうちの2人は長靴も履かず作業をしていたとあります。ちょっと信じられない状態での作業で驚きました。 そんなところで作業をしてくれているという思いよりも安全対策がそんなに希薄なのかという原発そのものに対する危惧を感じてしまうとても不安なことに思えます。事故にあった方の状態が心配です。また作業員の家族の方々の不安感は思うに余りあります。私もただただこんなことがないように祈るだけしかありません。 


被災地の状況はいまだ全容がはっきりせずまだまだ時間がかかりますね。
茨城の被災は報道が東北のほうが中心だったので、私たちが知ったのは時間がたっていました。
海の方や水戸もとても大きな被害をうけています。常磐線は復旧のめどがいまだたっていません。
それに追撃したのが野菜の放射線汚染です。茨城というだけで売れなくなっているという話は農家の人たちがあまりに気の毒です。 去年収穫したお米さえも精米を茨城でしたから拒否されたという話は、あまりに過ぎていて悲しくなります。少なくともお米や根野菜は大丈夫です。 

がんばれ茨城の農業! まけるな風評被害に! 
厳しく検査して安全であることを県としてアピールしてください。
そのためにも一日も早い福島原発の安全宣言が待たれます。



ちょっとユーモラスなワンちゃんとの二人ばおり。
お時間のある人見てくださいね。


お花を扱っているといつの間にか没頭して、気持ちがやわらかくなります。
安らぎは幸せを祈る気持ちですね。
[PR]
by thedozenroses | 2011-03-25 10:17 | 色々なこと